総合衛生コンサルタント・生物害防除

トップページ > 発信情報 > セミナー案内 > 2008年2月度セミナー

2008年2月度セミナーseminar

「今、メーカーが求められている衛生教育」

○ 安全・安心のための最重要課題
昨今、食品事故や事件が立て続けに起こっていますが、安全な製品を実現するために現在最も重要な課題の一つとして、大多数のメーカーが「従業員教育」を挙げています。つまり、現場の5Sや品質(衛生)に対する意識や習慣が、安全を確保するための最終的な決め手となると考えられているのです。

○ セミナー受講者から大変なご好評をいただきました
弊社では、2007年2月、11月に大阪・広島で行った「従業員教育セミナー」を主催しました。そこで多数の企業様より衛生教育のご担当者様に受講いただき、大変なご好評を頂戴いたしました。

○ 衛生教育に特化した実例報告と分析
本セミナーでは、業界で行われている衛生教育の概要を分析するとともに、成果を挙げる条件を考察します。そのために、実際に行われている様々な教育手法と、それが選択された背景とをご紹介し、行き詰ったことを改善するためのプロセスが具体的に想像できる内容となっています。
この機会に是非ご参加いただき、貴社で実践される従業員教育の今後のヒントとして、ご活用いただきたいと存じます。

開催日:2008年2月21日(木)
会場:東京

受講者の声

セミナー後にお客様からいただきましたご意見・ご感想の一部を紹介いたします。


講演内容