総合衛生コンサルタント・生物害防除

トップページ > 発信情報 > セミナー案内 > 2008年8・11月度セミナー
2008年8・11月度セミナーseminar
「食品事故防止の体制づくり」

食品関連企業として、組織的に製品の安全を確保するためには、いくつかのキーワードがあります。そこで、その中でも特に食品企業様が関心を持たれているキーワードを選び、取り上げました。

  • キーワード1「基準」 安全や衛生を保証するために、どこまで必要と考えるべきなのかを決めることは、非常に重要であり、かつ何を基準に決めるべきか非常に判断が難しいところでもあります。
  • キーワード2「虫」 数多くの防虫手法が知られていますが、どの手法をどのタイミングで選択するべきか、殺虫剤のような諸刃の剣をどのように取り扱うべきか、情報と条件が多いだけに判断が難しくなっています。
  • キーワード3「表示」 表示義務違反による製品の自主回収が非常に多くなっています。関連法規の解釈が難しいこと、情報収集の手段が知られていないことが原因で、社内ルール作りが非常に重要となっています。
  • キーワード4「躾」 普段現場で従事している従業員の意識が、最終的に現場の衛生度や製品の安全度を左右すると言われています。その意識の向上・維持を担う最も重要な活動が「躾」です。

開催日:2008年8月5日(火)/ 2008年8月6日(水) / 2008年11月6日(木)
会場:岡山、京都、東京

受講者の声

セミナー後にお客様からいただきましたご意見・ご感想の一部を紹介いたします。


講演内容