総合衛生コンサルタント・生物害防除

トップページ > サービス別ご案内 > 木材害虫防除サービス > シロアリ防除施工
シロアリ防除施工
anti-termite System
虫菌害防除サポートシステムとは?

シロアリが建物の木材を食害することで、建物の強度が低下し、住まいの寿命を縮めたり、地震などの災害時には倒壊する危険性が高まります。少しでもシロアリの不安が感じられたら、迷わず信頼できる専門家に相談することが一番です。


シロアリの種類は?

日本で主に目にする種類は右表の2種類(ヤマトシロアリとイエシロアリ)です。 一般にヤマトシロアリは床下中心に被害が広がりますが、イエシロアリは、床下だけではなく、壁の内側、天井裏にまで被害が及ぶことがあります。

ヤマトシロアリ イエシロアリ
群飛の時期 3〜5月 6〜7月
走光性
被害の場所 床下中心 床下、壁、天井裏
コロニーサイズ 数千〜数万 数千〜百万

シロアリ防除施工の種類は?

バリア工法 ベイト工法
特徴 床下や柱などに薬剤バリアを作る方法です。効果は即効性が期待でき、工期は通常1日です。 毒餌(ベイト)を土中に仕掛け、巣ごと根絶する方法です。薬剤はバリア施工よりも微量です。
施工形態 単発施工 管理方式
費用 施工時のみ 毎年
使用薬剤量 1平米当たり3L 必要箇所のみ少量
薬剤の揮散
薬剤の効果 即効性 遅効性

お問い合わせについて

上記サービスに関してお見積りのご依頼・ご相談等は、お問い合わせフォームをご利用ください。