総合衛生コンサルタント・生物害防除

トップページ > 発信情報 > セミナー案内 > 2007年11月度セミナー

007年11月度セミナーseminar

従業員教育に使われたテクニック紹介とその検証2

安全な製品を実現するために現在最も重要な課題の一つとして、大多数のメーカーが「従業員教育」を挙げています。 つまり、現場における従事者の5Sや品質(衛生)に対する意識や習慣が、最終的な決め手となると考えられているのです。 そこで今回は、今年2月に行った「従業員教育セミナー」が、受講いただいたお客様に大変な好評を頂戴したことにお応えして、第2弾を企画いたしました。 教育を行う上でキーワードとなるのは、「背景を理解させる」「繰り返す」「環境を整理する」の3つですが、これらを理解した上でおこなう教育は、非常に実効性が高いものです。 本セミナーでは、従業員教育をおこなう上で、成果を挙げる条件を考察します。 そのために、実際に行われている様々な教育手法と、それが選択された背景とをご紹介し、成功や失敗につながったプロセスが具体的に想像できる内容としました。

開催日:2007年11月20日(火)/ 2007年11月21日(水)
会場:広島、大阪

受講者の声

セミナー後にお客様からいただきましたご意見・ご感想の一部を紹介いたします。


講演内容